北海道新幹線

札幌延伸に向けた取り組み

新函館北斗〜札幌間の高速化

2019(令和元)年5月に、当社から国土交通省に、新函館北斗〜札幌間を320km/hで走行可能とするための工事を当社の負担により実施することについて要請しました。現在、建設主体である鉄道・運輸機構と320km/h化の実施に向けて調整を行っています。
また、負担金の回収は新幹線開業後となり長期間を要することから、助成または返済開始が開業後となる無利子貸付などのご支援をいただくよう、高速化の要請とあわせて国土交通省に要請しました。
320km/hで走行するために追加で必要となる主な工事内容は、トンネル坑口に設置されるトンネル緩衝工の延伸や、防音壁の嵩上げ、高架橋の強度の向上などがあります。

新幹線 札幌駅

2018(平成30)年3月に北海道、札幌市、国土交通省、鉄道・運輸機構及び当社からなる五者協議において、新幹線札幌駅のホーム位置が決定し、2018(平成30)年11月に工事実施計画の変更が認可されました。在来線施設の移設及び新幹線駅部の設計・工事は当社が鉄道・運輸機構から受託し施工します。
新幹線札幌駅が新たな道都の顔として、ご利用されるお客様、地域の皆様にとってより良いものとなるように、また、地域の発展や経済活性化にも繋がるように、工事を着実に推進していきます。

外部リンク:JRTT鉄道・運輸機構

お客様の利便性向上の取り組み

北海道新幹線電波遮へい対策(携帯電話)

トンネル内で携帯電話が使えるよう対策工事を行い、2020(令和2)年3月から、北海道新幹線全域で携帯電話が使えるようになりました。

北海道新幹線H5系のWi-Fiサービス

北海道新幹線H5系車両で、無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを2018(平成30)年度下期から開始しました。2019(令和元)年度末には、北海道新幹線区間を走行する全ての車両でサービスを開始し、青函トンネルでもご利用いただけます。