JR北海道 会いたいをのせて東北へ
おとなりのワクワクへ、レッツゴー!アー遊レディ?東北

北海道新幹線で、近くの旅へ。

新函館北斗~新青森間、最速57分。
今年の秋・冬は海峡の向こうのお隣まで、
北海道新幹線で
気軽にお出かけしませんか。

新函館北斗
年末年始期間の北海道新幹線青函トンネル内における
時速210㎞営業運転について  詳しくはこちら>>

東北・北海道新幹線「お先にトクだ値スペシャル」乗車券付き

「えきねっと会員」なら東北・北海道新幹線「はやぶさ」「はやて」がすべて50%割引!
おトクなきっぷで旅を気軽に。

設定期間

2021年12月15日(乗車日)まで

発売期間

乗車日1ヶ月前の10時から乗車日20日前の1時50分まで

※「えきねっと事前受付」により、発売日のさらに1週間前(同曜日)の14時から乗車日1ヶ月前の9時54分まで事前のお申込みができます。(実際の手配は乗車日1ヶ月前の10時から行います。)

対象列車

「はやぶさ」「はやて」の全列車[普通車指定席/グリーン車/グランクラス(飲料・食事なし)]

大人1名/片道利用の場合 (こどもの設定もございます)

新函館北斗→新青森

通常価格

7,720

50%OFF

3,750

3,970円
おトク!

新函館北斗→盛岡

通常価格

13,440

50%OFF

6,610

6,830円
おトク!

新函館北斗→仙台

通常価格

17,950

50%OFF

8,870

9,080円
おトク!

新函館北斗→東京

通常価格

23,430

50%OFF

11,610

11,820円
おトク!

新函館北斗→新青森

通常価格

9,990

50%OFF

4,890

5,100円
おトク!

新函館北斗→盛岡

通常価格

17,810

50%OFF

8,800

9,010円
おトク!

新函館北斗→仙台

通常価格

24,410

50%OFF

12,090

12,320円
おトク!

新函館北斗→新青森

通常価格

13,140

50%OFF

6,460

6,680円
おトク!

新函館北斗→盛岡

通常価格

22,010

50%OFF

10,900

11,110円
おトク!

新函館北斗→仙台

通常価格

28,610

50%OFF

14,190

14,420円
おトク!

北海道新幹線で行く
旅行商品はこちらから

北海道から本州へ旅しよう!

大人の休日倶楽部会員の方

本州から北海道へ旅しよう!
北海道外からお越しのお客さま限定。おトクに北海道に行こう!

道外からお越しの方

Twitter

キャンペーン情報や
話題を配信!

北海道新幹線5周年
公式ツイッター

さあ、こころを解放、準備はいいかい?アー遊レディ?東北の旅
          巣ごもりが続いて、旅への思いは募るばかり。そろそろ、紅葉前線に乗って、南下してみましょうか。北海道新幹線に乗って、津軽海峡を越えてみましょうか。北海道からちょっと抜け出して、おとなりの東北まで。旅の再開は、近くのワクワクがちょうどいい。
アップルパイ / 特別史跡 三内丸山遺跡

Aomori 青森

世界文化遺産への登録決定!
いま熱い縄文文化に触れる旅。

出典:JOMON ARCHIVES(三内丸山遺跡センター所蔵)

2021年7月、「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されました。合計17遺跡から構成される遺跡群のうち、青森県内には特別史跡「三内丸山遺跡」をはじめとする最多の8遺跡が点在しています。悠久の時が流れる地を、ゆっくり巡ってみませんか。青森といえば、言わずと知れたりんご王国。いまが旬のりんごを使った「アップルパイ」は、本場でぜひ味わいたいスイーツのひとつです。

世界文化遺産 中尊寺 / わんこそば

Iwate 岩手

荘厳な雰囲気が漂う「平泉」、
この世の極楽浄土へ安寧を願う旅。

岩手県観光協会

平泉は、かつて奥州藤原氏が栄華を誇った地。争いのない平和で平等な世を願い、「中尊寺」や「毛越寺」をはじめとする寺院や庭園などが造られました。理想郷とする仏国土(浄土)を現世に表現した、それらの史跡は、2011年、世界文化遺産に登録。2021年で10周年を迎えました。その節目の年に、平和を祈りに出かけてみませんか。平泉では、岩手名物「わんこそば」が食べられます。自分でお椀に移し替えて食べるスタイルだから、自分のペースで記録に挑戦を。

きりたんぽ鍋 / 角館武家屋敷・青柳家

Akita 秋田

四季折々に美しい「角館」、
みちのくの小京都でそぞろ歩き旅。

なまはげ

みちのくの小京都と呼ばれる角館。武家屋敷と桜並木が織りなす風情ある街並みが魅力です。桜が咲き誇る時期もいいけれど、紅葉の秋、雪化粧をした冬の趣もたまりません。通りを歩くだけで気分は上々ですが、公開中の武家屋敷はぜひ見学してみましょう。敷地の広さと格式ある建物は壮観です。歴史香るまちでタイムスリップを楽しんだあとは、秋田の郷土料理「きりたんぽ鍋」を。醤油仕立てのスープに、冷え切った体が温まります。

日本三景 松島 / 松島の牡蠣 写真提供:宮城県観光プロモーション推進室

Miyagi 宮城

伊達政宗ゆかりの日本三景「松島」、
言葉を失う絶景と出会う旅。

こけし

宮城といえば、戦国時代の名将・伊達政宗。その菩提寺「瑞巌寺」がある松島は、日本三景の一つです。松島湾に浮かぶ260余の島々を一望できるビュースポットを「松島四大観」といいます。その絶景に、江戸時代の俳人・松尾芭蕉が一句も詠めなかったのだとか。また、月の名所でもあり、かのアインシュタインも訪れました。風光明媚な松島は、牡蠣の産地としても有名です。10月から3月ごろまで、ふっくらとして濃厚な「牡蠣」が味わえます。

総称山形牛 / 銀山温泉

Yamagata 山形

山形県民の母なる川「最上川」、
銀山温泉でタイムスリップの旅。

山形といえば、最上川。一つの県だけを流れる川としては日本一の長さで、日本三大急流に数えられています。俳人・松尾芭蕉は『おくのほそ道』で「五月雨を集めて早し最上川」と詠みました。その最上川の支川「銀山川」が流れる山あいに「銀山温泉」があります。開湯は江戸初期。いまは大正末期から昭和初期に建てられた洋風の旅館が並びます。ノスタルジックな風景とともに味わいたいのは、米沢牛や尾花沢牛など、美しいサシの入った山形のブランド牛です。

鶴ヶ城天守閣(国指定史跡・若松城跡) / 喜多方ラーメン

Fukushima 福島

国内唯一の赤瓦の天守閣「鶴ヶ城」、
戊辰戦争の激戦地をめぐる旅。

福島のシンボル「猪苗代湖」は、透明度が高く、天を映す鏡という意味で「天鏡湖」とも呼ばれています。その穏やかな湖のほとりは、幕末、戊辰戦争の舞台となりました。新政府軍と戦った会津藩の城が「鶴ヶ城」。いまは公園として整備され、天守閣が復元されています。じつは、唱歌「荒城の月」のモデルの一つです。名城から足を延ばして味わいたいのが、日本三大ラーメンのひとつ「喜多方ラーメン」。地元の習慣にならい、朝ラーメンはいかがでしょうか。