2020年3月14日 ダイヤ改正

暮らす人も、旅する人も、ご利用しやすく。

  • 増発!

    千歳線

    快速「エアポート」を
    毎時4本から5本に増発します。

  • 利便性向上!

    函館線

    区間快速「いしかりライナー」
    すべて各駅停車とし、
    ご利用が増えている快速通過駅の
    利便性を向上します。

  • 停車拡大!

    都市間輸送

    民族共生象徴空間「ウポポイ」開設に向けて、
    特急「北斗」24本中19本を
    白老駅に停車拡大します。

2020年3月14日(土)の
ダイヤ改正内容の詳細は
以下をご覧ください。

新千歳空港のアクセスを改善します快速「エアポート」

ダイヤ改正後の快速「エアポート」時刻表はこちら

2020年3月14日以降の時刻です。

快速「エアポート」を
毎時4本から5本に増発します。

  • 快速「エアポート」の運転本数は、116本から148本となります。
  • 札幌〜新千歳空港間の所要時間は37〜39分となり、概ね12分間隔で運転します。

普通列車は、快速「エアポート」の増発にあわせた体系に見直します。

【札幌→新千歳空港方面(一例)】

改正前 11時05分,20分,35分,50分(15分間隔) → 改正後 11時00分,11分,24分,35分,47分(毎時00分から11〜14分間隔)

【新千歳空港→札幌方面】

改正前 毎時00分,15分,30分,45分(15分間隔) → 改正後 毎時06分,18分,30分,42分,54分(12分間隔)

札幌〜新千歳空港間を最速33分で結ぶ
「特別快速」を4本設定します。

  • 朝の通勤時間に新千歳空港行きを2本設定(札幌6:56発/札幌8:02発)し、空港アクセスに特化することで前後の「エアポート」の混雑を緩和します。
  • 夜間帯に札幌行きを2本設定(新千歳空港20:46発/新千歳空港21:55発)し、空港アクセスと沿線のご利用との棲み分けを図ります。
  • 途中停車駅:新札幌、南千歳
  • 所要時間:最速33〜35分

スクロールしてご覧ください

普通列車:札幌→苗穂→白石→平和→新札幌→上野幌→北広島→島松→恵み野→恵庭→札幌ビール庭園→長都→千歳→南千歳→新千歳空港/快速列車:札幌→白石(一部の快速列車のみ停車します)→新札幌→北広島→恵庭→千歳→南千歳→新千歳空港/特別快速:札幌→新札幌→南千歳→新千歳空港
  • 普通列車
  • 快速列車 一部の快速列車のみ白石駅に停車します。
  • 特別快速

羽田空港行の早朝便を
余裕を持ってご利用いただける
快速「エアポート50号」を
設定します。

  • 快速「エアポート50号」(手稲5:30発/札幌5:50発)の新設により、新千歳空港には現行より23分早い6:28に到着できるようになり、羽田空港行の早朝便を余裕を持ってご利用いただけるようになります。
  • 新札幌または南千歳駅で函館行き特急「北斗2号」にお乗り換えいただけます。
    (白石・北広島・恵庭・千歳の各駅と江別方面から、特急「北斗2号」がご利用できるようになります)
  • また、快速「エアポート61号」(新千歳空港6:39発)の新設により、札幌には現行より28分早い7:19に到着できるようになります。

南千歳駅での新千歳空港方面と
特急列車とのお乗り換えは、
こ線橋をご利用いただく
お乗り換えとなります(一部列車を除く)

  • 南千歳駅での新千歳空港方面と特急列車相互のお乗り換えは、快速「エアポート」の増発により運転間隔が狭まったため、こ線橋による乗り換えとなります(一部列車を除く)。また、ホームからこ線橋へは階段のほか、エレベーターを新設し利便性の向上を図ります。

【改正前(対面ホーム乗り換え)】

改正前ホーム図

【改正後(こ線橋乗り換え)】

改正後ホーム図

北海道新幹線

北海道新幹線「はやぶさ」
2本の時刻を見直し、
特急「北斗」との
乗り換え時間を短縮します。

  • 新函館北斗駅から乗り換えとなる、札幌行き特急「北斗15号・21号」の乗り換え時間を短縮します。(北斗15号:27分短縮、北斗21号:12分短縮)
  • 東北新幹線の増発にあわせて、北海道新幹線「はやぶさ」の列車名(号数)を変更します。

特急列車

白老駅に特急「北斗」の一部が停車します。

  • 2020年4月24日の民族共生象徴空間「ウポポイ」の開設にあわせ、特急「北斗」19本を白老駅に停車拡大します。

現在停車している特急「すずらん」12本とあわせて、31本の特急列車が白老駅に停車します。

特急「すずらん」は、指定席を1両から2両に拡大します(3・4号車)。

ダイヤ改正後の特急「北斗」「すずらん」時刻表はこちら

特急「おおぞら」12本中6本を
261系車両に置き換えます。

  • 特急「おおぞら2号・3号・5号・8号・10号・11号」の6本を261系に置き換えます。
ダイヤ改正後の特急「おおぞら」時刻表はこちら

特急列車愛称名の「スーパー」を
すべて取りやめます。

  • 「スーパー北斗」「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」は、「北斗」「おおぞら」「とかち」となります。

普通列車

(函館線)
ご利用の増えている
快速通過駅の利便性を向上します。

  • 区間快速「いしかりライナー」をすべて各駅停車とし、ご利用の増えている快速通過駅の列車本数を増やすとともに、日中時間帯を中心に列車ダイヤを見直します。

(函館線)
夕方通勤時間帯の
混雑緩和を図ります。

  • 夕方通勤時間帯の手稲方面で、列車の運転間隔の調整や6両編成化を図ります。

その他

新型電気式気動車H100形を
小樽〜長万部間(山線)に投入します。

  • 小樽〜長万部間のワンマン列車36本すべてをH100形に置き換えます。
  • 小樽〜長万部間の各駅において、お客様がボタンを押してドアを開閉し乗り降りする方式とします。

ご利用の少ない駅を廃止します。

  • 根室線 古瀬駅(白糠町)
  • 釧網線 南弟子屈駅(弟子屈町)

札沼線(北海道医療大学〜新十津川間)は、
2020年5月6日をもって鉄道営業を終了します。

  • ダイヤ改正後の新幹線・特急列車・快速「エアポート」・「はこだてライナー」の時刻については、「列車名/路線名から時刻検索」からご確認いただけます。
  • ダイヤ改正後の全列車の時刻については、2020年3月2日(月)以降にご確認いただけます。