2020年3月14日 ダイヤ改正

札幌←→新千歳空港間 快速「エアポート」1時間5本に増発!

快速「エアポート」が、さらに便利に。

POINT 1

快速「エアポート」を
毎時4本から5本に増発します。

  • 快速「エアポート」の運転本数は、116本から148本となります。
  • 札幌〜新千歳空港間の所要時間は37〜39分となり、概ね12分間隔で運転します。

普通列車は、快速「エアポート」の増発にあわせた体系に見直します。

【札幌→新千歳空港方面(一例)】

改正前 11時05分,20分,35分,50分(15分間隔) → 改正後 11時00分,11分,24分,35分,47分(毎時00分から11〜14分間隔)

【新千歳空港→札幌方面】

改正前 毎時00分,15分,30分,45分(15分間隔) → 改正後 毎時06分,18分,30分,42分,54分(12分間隔)
POINT 2

札幌〜新千歳空港間を最速33分で結ぶ
「特別快速」を4本設定します。

  • 朝の通勤時間に新千歳空港行きを2本設定(札幌6:56発/札幌8:02発)し、空港アクセスに特化することで前後の「エアポート」の混雑を緩和します。
  • 夜間帯に札幌行きを2本設定(新千歳空港20:46発/新千歳空港21:55発)し、空港アクセスと沿線のご利用との棲み分けを図ります。
  • 途中停車駅:新札幌、南千歳 
  • 所要時間:最速33〜35分

スクロールしてご覧ください

普通列車:札幌→苗穂→白石→平和→新札幌→上野幌→北広島→島松→恵み野→恵庭→札幌ビール庭園→長都→千歳→南千歳→新千歳空港/快速列車:札幌→白石(一部の快速列車のみ停車します)→新札幌→北広島→恵庭→千歳→南千歳→新千歳空港/特別快速:札幌→新札幌→南千歳→新千歳空港
  • 普通列車
  • 快速列車 一部の快速列車のみ白石駅に停車します。
  • 特別快速
POINT 3

羽田空港行の早朝便を
余裕を持ってご利用いただける
快速「エアポート50号」を設定します。

  • 快速「エアポート50号」(手稲5:30発/札幌5:50発)の新設により、新千歳空港には現行より23分早い6:28に到着できるようになり、羽田空港行の早朝便を余裕を持ってご利用いただけるようになります。
  • 新札幌または南千歳駅で函館行き特急「北斗2号」にお乗り換えいただけます。
    (白石・北広島・恵庭・千歳の各駅と江別方面から、特急「北斗2号」がご利用できるようになります)
  • また、快速「エアポート61号」(新千歳空港6:39発)の新設により、札幌には現行より28分早い7:19に到着できるようになります。
POINT 4

南千歳駅での新千歳空港発着の列車と
特急列車とのお乗り換えは、
こ線橋をご利用いただく
お乗り換えとなります(一部列車を除く)

  • 南千歳駅での新千歳空港発着の列車と特急列車相互のお乗り換えは、快速「エアポート」の増発により運転間隔が狭まったため、こ線橋による乗り換えとなります(一部列車を除く)。また、ホームからこ線橋へは階段のほか、エレベーターを新設し利便性の向上を図ります。

【改正前(対面ホーム乗り換え)】

改正前ホーム図

【改正後(こ線橋乗り換え)】

改正後ホーム図
POINT 5

札幌〜小樽間の
快速運転時間帯を拡大します。

  • 観光需要がある札幌発9時台と小樽発19時台を快速運転化し、新千歳空港〜小樽間を通して運転する快速「エアポート」とします。