GOTTON>>旭山動物園号>>旭山動物園号とは?

旭山動物園号

旭山動物園ホームページへ

旭山動物園号とは?

車両デザインのテーマは「地球の仲間と出かけよう」

今回も元旭山動物園飼育係 絵本作家 あべ弘士さんのデザイン。
各車両ごとに「動物の棲み家」をテーマに、旭山動物園の動物たちが、
それぞれ環境でいきいきと暮らす動物たちの自然の姿、命の輝きを表現しました。

旭山動物園号 イラスト作者からのコメント

地球上には、いろいろたくさんの動物たちがすんでいます。
みんなそれぞれに美しくたくましい。
そんな絵を列車にたくさん描きました。
乗るときっと動物たちもよろこんで、おおさわぎすることでしょう。
動物たちと旅をする。なんてステキなんでしょう。
あべ弘士

あべ弘士(ひろし)

~プロフィール~

1948年6月19日、北海道旭川市生まれ。
1972年から25年間、旭川市旭山動物園飼育係として勤務。
1995年 自身の代表作『あらしのよるに』で第26回講談社出版文化絵本賞・第42回産経児童出版文化賞JR賞受賞。

車両のご案内

特急・旭山動物園号の紹介

  • 5号車  極寒の銀世界号
  • 4号車  鳥たちの大空号
  • 3号車  北海道の大地号
  • 2号車  熱帯のジャングル号
  • 1号車  草原のサバンナ号
詳しくはこちら

Google ストリートビューで旭山動物園号の車両を体験!!

フォトギャラリー

旭山動物園号の歴史

2013年7月13日 内外装全面リニューアル
2011年10月29日

乗車人数20万人達成。

2011年3月19日 モグモグメイトにレッサーパンダが登場
2010年4月29日 車内リニューアル第2弾 モグモグメイト登場・テーブルシール・乗車証明書
2010年3月20日 車内リニューアル第1弾 モグモグコーナー・ハグハグチェア・どうぶつシート
2009年7月24日 乗車人数10万人達成。
2009年4月29日 ハグハグチェアにホッキョクギツネ・イワトビペンギンが登場。
2008年7月29日 乗車人数5万人達成。
2008年4月28日 オオカミ号がデビュー。5両編成に。
2007年12月1日
授乳室設置。
2007年4月28日 デビュー。183系0代、昭和56年製造(1981)を使用。当時4両編成。
JR北海道