吉岡海底駅

メモリアルフォトボード ステージ539 四季折々にシーンをかえる海峡の風景を映し出す120インチの大型画面「竜宮スーパービジョン」があるステージでは、多彩なイベントが行われていました。平成10年3月から平成18年8月まで「ドラえもん海底ワールド」を開催しました。 トンネル掘るゾーン 模擬切羽では、意思を採取したり、削岩機での掘削は体験できます。トンネル掘削時の様子もくっきり再現。 青函トンネルジオラマ 青函トンネルの構造がひと目でわかります。 竜宮水族館 耳をすますと、魚たちの声が聞こえてきそうです。 トンネルアート 「北の画集」テーマは、小樽運河やハリストス正教会など、道内の代表的な景勝地10ヶ所。それを苫小牧在住の画集・本間武男氏制作の油絵で56枚のメモリアルボードに描かれています。縦1.52m、横2mの風景画はそれだけで見応え十分の迫力です。 アートメモリアルボード 広く全国から募集した1万人の熱いメッセージが「アートメモリアルボード」として海面下145mに展示されています。 ルミライトアート 壁一面が瞬時にして海底のイメージに早変わり。海中の幻想的な世界をお楽しみください。

平成26年3月14日をもって廃止された「吉岡海底駅」。世界初の海底駅には、こんな施設があり、多くのお客様にご利用をいただきました。

吉岡海底駅に展示されている「アートメモリアルボード」、「メモリアルフォトボード」、「北の画集」の様子を動画にてご覧いただけます。

また、アートメモリアルボード、メモリアルフォトボードについては、ご希望の方にお申し込み頂いたボードの画像をお送りいたします。『「アートメモリアルボード」「メモリアルフォトボード」の画像送付をご希望の方はこちら』のボタンからフォームに入力し、送信してください。後日、画像データをEメールにてお送りいたします。

「アートメモリアルボード」 「メモリアルフォトボード」の画像送付をご希望の方はこちら

アートメモリアルボード・メモリアルフォトボード Movie

アートメモリアルボード

■アートメモリアルボード配置図

メモリアルフォトボード

■メモリアルフォトボード配置図

Windows Media Playerをダウンロード ※このサイトをご覧いただくには、Windows Media Playerの最新バージョンが必要です。
ご覧いただけない方は、microsoftのサイトから最新バージョンのWindows Media Playerプラグインをダウンロードしてください。
※プロキシ・ソフトやファイヤーウォールを通してインターネットに接続している環境では、ご覧になれない場合や設定変更が必要な場合がございます。

青函トンネルのあゆみ (完成後) 青函トンネルのあゆみ(完成前)