竜飛海底駅

青函トンネル記念館 青函トンネルの構想から感想までを音と映像、そして資料パネルや立体モデルなどでわかりやすく展示公開しています。 竜宮水族館 津軽海峡、北海道周辺を泳ぎ回る魚たちを集めた水族館です。 青函トンネル竜飛斜坑線 地上と体験坑道を結ぶ778mの日本一短い鉄道です。 体験坑道展示場 掘削に使われた機会や、器機が展示され、工事の現場が再現されています。 竜飛ウインドパーク地上には国内最大級の風力発電があり、約1,800世帯の電力量を賄うことができます。また青函トンネル記念館と渡り廊下で結ばれている「竜飛ウインドパーク展示館」には、ウインドパークの仕組みが展示されています。 青函トンネルジオラマ 楽しみながら、青函トンネルが理解できるジオラマ(模型)です。ここを体験した人は、もう「海底ワールド通」 俳句ボード竜飛駅のメモリアルボードは、通称「俳句ボード」と呼ばれています。

平成26年3月14日をもって廃止された「竜飛海底駅」。世界初の海底駅には、こんな施設があり、多くのお客様にご利用をいただきました。

竜飛海底駅に保存されている「メモリアル俳句ボード」の様子を動画にてご覧いただけます。

また、ご希望の方には、お申し込み頂いたメモリアル俳句ボードの画像をお送りいたします。

右記の「俳句ボードの画像送付をご希望の方はこちら」のボタンからフォームに入力し、送信して下さい。後日、画像データをEメールにてお送りいたします。

俳句ボード動画

メモリアル俳句ボードの画像送付をご希望の方はこちら

メモリアル俳句ボードMovie

メモリアル俳句ボード

■メモリアル俳句ボード配置図

Windows Media Playerをダウンロード ※このサイトをご覧いただくには、Windows Media Playerの最新バージョンが必要です。
ご覧いただけない方は、microsoftのサイトから最新バージョンのWindows Media Playerプラグインをダウンロードしてください。
※プロキシ・ソフトやファイヤーウォールを通してインターネットに接続している環境では、ご覧になれない場合や設定変更が必要な場合がございます。

青函トンネルのあゆみ (完成後) 青函トンネルのあゆみ(完成前)