青函トンネルのあゆみ(完成後)

40余年の歳月と人々の熱い情熱、英知、技術が生み出した世紀の大事業。

青函トンネル開業後は、北海道と本州を結ぶ重要なルートとして、寝台特急「北斗星」「カシオペア」、特急「スーパー白鳥」、急行「はまなす」などの列車が運行。平成10年3月から平成18年8月まで開催した吉岡海底駅「ドラえもん海底ワールド」にはたくさんのお客様にご来場いただきました。平成28年3月26日には北海道新幹線新青森〜新函館北斗間が開業しました。

昭和63年3月 青函トンネル開業
海峡線(中小国・木古内間)開業
海峡線「吉岡海底駅」・「竜飛海底駅」・「津軽今別駅」開業
青函連絡航路(113km)運輸営業廃止
特急「北斗星」運転開始
平成1年12月 「トワイライトエクスプレス」運転開始
平成2年7月 海峡線「知内駅」開業
天皇・皇后両陛下、竜飛海底駅をご視察
平成10年3月 快速海峡をドラえもん海底列車として運転
平成11年7月 特急「カシオペア」運転開始
平成14年12月 特急「白鳥」・「スーパー白鳥」運転開始
平成17年5月 北海道新幹線起工式が渡島大野駅(新函館北斗駅建設予定地)で行われる
平成18年8月 北海道新幹線の工事のため、「ドラえもん海底列車」「ドラえもん海底ワールド」を終了
平成20年3月 青函トンネル開業20周年
平成25年11月 竜飛海底駅見学終了
平成26年3月 吉岡海底駅・竜飛海底駅・知内駅 営業廃止
平成28年3月 北海道新幹線開業
青函トンネルのあゆみ (完成後) 青函トンネルのあゆみ(完成前)