旅客営業規則

第2編 旅客営業
 >>第3章 旅客運賃・料金
  
>>第2節 普通旅客運賃

第2節 普通旅客運賃

(幹線内相互発着の大人片道普通旅客運賃)
第77条   幹線内相互発着となる場合の大人片道普通旅客運賃は、次の各号により計算した額を合計した額とする。ただし、北海道旅客鉄道会社線、四国旅客鉄道会社線又は九州旅客鉄道会社線内発又は着若しくは通過となる場合を除く。
(1) 発着区間の営業キロを次の営業キロに従つて区分し、これに各その営業キロに対する賃率を乗じた額を合計した額。この場合、発着区間の営業キロが100キロメートル以下のときは、10円未満のは数を10円単位に切り上げた額とし、100キロメートルを超えるときは、50円未満のは数を切り捨てて、又は50円以上のは数を切り上げてそれぞれ100円単位とした額とする。
300キロメートル以下の営業キロ
(第1地帯)
1キロメートルにつき
16円20銭
300キロメートルを超え、600キロメートル以下の営業キロ
(第2地帯)
1キロメートルにつき
12円85銭
600キロメートルを超える営業キロ
(第3地帯)
1キロメートルにつき
7円05銭
(2) 前号の規定により計算した額に100分の8を乗じ、10円未満のは数を円位において四捨五入して10円単位とした額(以下この方法を「四捨五入」という。)
     
2   前項の規定によるほか、幹線内相互発着の大人片道普通旅客運賃は、次の各号に定める営業キロのものを適用する。
(1) 11キロメートルから50キロメートルまで
11キロメートルから5キロメートルごとに区分し、11キロメートルから15キロメートルまでは13キロメートルとし、16キロメートル以上は、これに1区分を増すごとに5キロメートルを加えた営業キロとする。
(2) 51キロメートルから100キロメートルまで
51キロメートルから10キロメートルごとに区分し、51キロメートルから60キロメートルまでは55キロメートルとし、61キロメートル以上は、これに1区分を増すごとに10キロメートルを加えた営業キロとする。
(3) 101キロメートルから600キロメートルまで
101キロメートルから20キロメートルごとに区分し、101キロメートルから120キロメートルまでは110キロメートルとし、121キロメートル以上は、これに1区分を増すごとに20キロメートルを加えた営業キロとする。
(4) 601キロメートル以上
601キロメートルから40キロメートルごとに区分し、601キロメートルから640キロメートルまでは620キロメートルとし、641キロメートル以上は、これに1区分を増すごとに40キロメートルを加えた営業キロとする。

(北海道旅客鉄道会社内の幹線内相互発着の大人片道普通旅客運賃)
第77条の2   北海道旅客鉄道会社内の幹線内相互発着となる場合の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の営業キロを次の営業キロに従つて区分し、各その営業キロに対する賃率により、前条の規定を適用して計算した額とする。
200キロメートル以下の営業キロ
(第1地帯)
1キロメートルにつき
17円85銭
200キロメートルを超え、300キロメートル以下の営業キロ
(第2地帯)
1キロメートルにつき
16円20銭
300キロメートルを超え、600キロメートル以下の営業キロ
(第3地帯)
1キロメートルにつき
12円85銭
600キロメートルを超える営業キロ
(第4地帯)
1キロメートルにつき
7円05銭
     
2   前項の規定にかかわらず、別表第2号イに定める営業キロの区間の大人片道普通旅客運賃については、同表に定めるところにより特定の額とする。

(四国旅客鉄道会社内の幹線内相互発着の大人片道普通旅客運賃)
第77条の3   四国旅客鉄道会社内の幹線内相互発着となる場合の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の営業キロを次の営業キロに従つて区分し、各その営業キロに対する賃率により、第77条の規定を適用して計算した額とする。
100キロメートル以下の営業キロ
(第1地帯)
1キロメートルにつき
18円21銭
100キロメートルを超え、300キロメートル以下の営業キロ
(第2地帯)
1キロメートルにつき
16円20銭
300キロメートルを超え、600キロメートル以下の営業キロ
(第3地帯)
1キロメートルにつき
12円85銭
600キロメートルを超える営業キロ
(第4地帯)
1キロメートルにつき
7円05銭
     
2   前項の規定にかかわらず、別表第2号イの2に定める営業キロの区間の大人片道普通旅客運賃については、同表に定めるところにより特定の額とする。

(九州旅客鉄道会社内の幹線内相互発着の大人片道普通旅客運賃)
第77条の4   九州旅客鉄道会社内の幹線内相互発着となる場合の大人片道普通旅客運賃は、次の各号に定めるとおりとする。
(1) 営業キロが11キロメートルから100キロメートルまでの場合
営業キロの区間
大人片道普通旅客運賃
15キロメートルまで
280円
15キロメートルを超え、25キロメートルまで
5キロメートルまでを増すごとに90円加算
25キロメートルを超え、30キロメートルまで
560円
30キロメートルを超え、40キロメートルまで
5キロメートルまでを増すごとに90円加算
40キロメートルを超え、45キロメートルまで
840円
45キロメートルを超え、50キロメートルまで
940円
50キロメートルを超え、60キロメートルまで
1,110円
60キロメートルを超え、70キロメートルまで
1,290円
70キロメートルを超え、80キロメートルまで
1,470円
80キロメートルを超え、90キロメートルまで
1,650円
90キロメートルを超え、100キロメートルまで
1,820円
(2) 営業キロが100キロメートルを超える場合
発着区間の営業キロを次の営業キロに従つて区分し、各その営業キロに対する賃率により、第77条第1項並びに同条第2項第3号及び第4号の規定を適用して計算した額とする。
100キロメートルを超え、300キロメートル以下の営業キロ
(第1地帯)
1キロメートルにつき
17円75銭
300キロメートルを超え、600キロメートル以下の営業キロ
(第2地帯)
1キロメートルにつき
12円85銭
600キロメートルを超える営業キロ
(第3地帯)
1キロメートルにつき
7円05銭
     
2   前項第2号の規定にかかわらず、別表第2号イの3に定める営業キロの区間の大人片道普通旅客運賃については、同表に定めるところにより特定の額とする。

(地方交通線内相互発着の大人片道普通旅客運賃)
第77条の5   地方交通線内相互発着となる場合の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の営業キロを次の営業キロに従つて区分し、これに各その営業キロに対する賃率により、第77条第1項の規定を適用して計算した額とする。ただし、北海道旅客鉄道会社線、四国旅客鉄道会社線又は九州旅客鉄道会社線内発又は着若しくは通過となる場合を除く。
273キロメートル以下の営業キロ
(第1地帯)
1キロメートルにつき
17円80銭
273キロメートルを超え、546キロメートル以下の営業キロ
(第2地帯)
1キロメートルにつき
14円10銭
546キロメートルを超える営業キロ
(第3地帯)
1キロメートルにつき
7円70銭
     
2   前項の規定によるほか、地方交通線内相互発着となる場合の大人片道普通旅客運賃は、別表第2号イの4に定める営業キロの区間別に各その中央の営業キロのものを適用する。
3   第1項本文の規定にかかわらず、地方交通線内相互発着となる場合の大人片道普通旅客運賃のうち、次に定める営業キロの区間の大人片道普通旅客運賃は、次のとおり特定の額とする。
営業キロの区間
大人片道普通旅客運賃
11kmから15kmまで
240円
16kmから20kmまで
320円
21kmから23kmまで
410円
24kmから28kmまで
500円
33kmから37kmまで
670円
42kmから46kmまで
840円
47kmから55kmまで
970円
56kmから64kmまで
1,140円
65kmから73kmまで
1,320円
74kmから82kmまで
1,490円
83kmから91kmまで
1,660円
101kmから110kmまで
1,940円
292kmから310kmまで
5,620円

(北海道旅客鉄道会社内の地方交通線内相互発着の大人片道普通旅客運賃)
第77条の6   北海道旅客鉄道会社内の地方交通線内相互発着の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の営業キロを次の営業キロに従つて区分し、各その営業キロに対する賃率により第77条第1項及び前条第2項の規定を適用して計算した額とする。
182キロメートル以下の営業キロ
(第1地帯)
1キロメートルにつき
19円60銭
182キロメートルを超え、273キロメートル以下の営業キロ
(第2地帯)
1キロメートルにつき
17円80銭
273キロメートルを超え、546キロメートル以下の営業キロ
(第3地帯)
1キロメートルにつき
14円10銭
546キロメートルを超える営業キロ
(第4地帯)
1キロメートルにつき
7円70銭
     
2   前項の規定にかかわらず、別表第2号イの5に定める営業キロの区間の大人片道普通旅客運賃については、同表に定めるところにより特定の額とする。

(四国旅客鉄道会社内の地方交通線内相互発着の大人片道普通旅客運賃)
第77条の7   四国旅客鉄道会社内の地方交通線内相互発着の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の擬制キロにより、第77条の3に規定した額を適用する。
2   前項の規定にかかわらず、地方交通線内相互発着となる場合の大人片道普通旅客運賃のうち、次に定める擬制キロの区間又は擬制キロ及び営業キロの区間の大人片道普通旅客運賃は、次のとおり特定の額とする。
擬制キロの区間又は擬制キロ及び営業キロの区間
大人片道普通旅客運賃
擬制キロ11km
230円
擬制キロ16km
290円
擬制キロが17kmで営業キロが15km
290円
擬制キロ21km
390円
擬制キロ22km
390円
擬制キロが26kmで営業キロが23km
480円
擬制キロが31kmで営業キロが28km
550円
擬制キロが36kmで営業キロが32km
660円
擬制キロが41kmで営業キロが37km
760円
擬制キロが46kmで営業キロが41km
850円
擬制キロが51kmで営業キロが46km
950円
擬制キロが61kmで営業キロが55km
1,090円
擬制キロが71kmで営業キロが64km
1,280円
擬制キロが81kmで営業キロが73km
1,460円

(九州旅客鉄道会社内の地方交通線内相互発着の大人片道普通旅客運賃)
第77条の8   九州旅客鉄道会社内の地方交通線内相互発着の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の擬制キロにより、第77条の4に規定した額を適用する。
2   前項の規定にかかわらず、地方交通線内相互発着となる場合の大人片道普通旅客運賃のうち、次に定める擬制キロの区間又は擬制キロ及び営業キロの区間の大人片道普通旅客運賃は、次のとおり特定の額とする。
擬制キロの区間又は擬制キロ及び営業キロの区間
大人片道普通旅客運賃
擬制キロ11km
250円
擬制キロ16km
290円
擬制キロが17kmで営業キロが15km
290円
擬制キロ21km
400円
擬制キロ22km
400円
擬制キロが26kmで営業キロが23km
490円
擬制キロが31kmで営業キロが28km
600円
擬制キロが36kmで営業キロが32km
720円
擬制キロが41kmで営業キロが37km
810円
擬制キロが46kmで営業キロが41km
910円
擬制キロが51kmで営業キロが46km
1,000円
擬制キロが61kmで営業キロが55km
1,180円
擬制キロが71kmで営業キロが64km
1,370円
擬制キロが81kmで営業キロが73km
1,480円
擬制キロが91kmで営業キロが82km
1,660円
擬制キロが101kmで営業キロが91km
1,840円
擬制キロが121km
2,320円
擬制キロが141kmで営業キロが128km
2,680円
擬制キロが161kmで営業キロが146km
3,100円
擬制キロが181kmで営業キロが164km
3,630円

(電車特定区間内等の大人片道普通旅客運賃)
第78条   次の各号に掲げる区間内相互発着の場合の大人片道普通旅客運賃は、第77条の規定にかかわらず、当該各号の定めによつて計算した額とする。
(1) 第86条第1号に掲げる図中の太線区間(以下「東京山手線内」という。)及び同条第5号に掲げる図中の太線区間(以下「大阪環状線内」という。)の駅相互発着の場合
東京山手線内相互発着の場合
次に定める賃率によつて第77条第1項第1号及び同条第2項の規定を適用して計算した額と、その額に100分の8を乗じ10円未満のは数を円位において切り上げた額とを合算した額
300キロメートル以下の営業キロ
(第1地帯)
1キロメートルにつき
13円25銭
大阪環状線内相互発着の場合
前イに定める賃率によつて、第77条の規定を適用して計算した額
(2) 東京附近及び大阪附近における電車特定区間内相互発着(前号に規定する東京山手線内及び大阪環状線内相互発着となるときを除く。)の場合
東京附近における電車特定区間内相互発着の場合
次に定める賃率によつて第77条第1項第1号及び同条第2項の規定を適用して計算した額と、その額に100分の8を乗じ10円未満のは数を円位において切り上げた額とを合算した額
300キロメートル以下の営業キロ
(第1地帯)
1キロメートルにつき
15円30銭
300キロメートルを超え、
600キロメートル以下の営業キロ
(第2地帯)
1キロメートルにつき
12円15銭
大阪附近における電車特定区間内相互発着の場合
前イに定める賃率によつて、第77条の規定を適用して計算した額
     
2   前項第2号の東京附近及び大阪附近における電車特定区間の範囲は、次の各号のとおりとする。
(1) 東京附近にあつては、東海道本線中東京・大船間及び品川・新川崎・鶴見間、南武線、鶴見線、武蔵野線、横浜線、根岸線、横須賀線、中央本線中東京・高尾間、青梅線、五日市線、東北本線中東京・大宮間、日暮里・尾久・赤羽間及び赤羽・武蔵浦和・大宮間、山手線、赤羽線、常磐線中日暮里・取手間、総武本線中東京・千葉間及び錦糸町・御茶ノ水間並びに京葉線中東京・千葉みなと間及び市川塩浜・西船橋・南船橋間
(2) 大阪附近にあつては、東海道本線中京都・神戸間、おおさか東線、大阪環状線、桜島線、JR東西線、山陽本線中神戸・西明石間、関西本線中奈良・JR難波間、片町線中長尾・京橋間及び阪和線

(東京附近等の大人片道普通旅客運賃の特定)
第79条   第77条及び前条の規定にかかわらず、東京附近、名古屋附近及び大阪附近における別に定める駅相互間の大人片道普通旅客運賃は、別に定めるところにより特定の額とすることがある。

第80条   削除

(幹線と地方交通線を連続して乗車する場合の大人片道普通旅客運賃)
第81条   幹線と地方交通線を連続して乗車する場合の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の運賃計算キロに基づき、第77条の規定を準用して計算した額とする。ただし、北海道旅客鉄道会社線、四国旅客鉄道会社線又は九州旅客鉄道会社線内発又は着若しくは通過となる場合を除く。

(北海道旅客鉄道会社内の幹線と地方交通線を連続して乗車する場合の大人片道普通旅客運賃)
第81条の2   北海道旅客鉄道会社内の幹線と地方交通線を連続して乗車する場合の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の運賃計算キロに基づき、第77条の2の規定を準用して計算した額とする。

(四国旅客鉄道会社内の幹線と地方交通線を連続して乗車する場合の大人片道普通旅客運賃)
第81条の3   四国旅客鉄道会社内の幹線と地方交通線を連続して乗車する場合の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の運賃計算キロにより、第77条の3に規定した額を適用する。

(九州旅客鉄道会社内の幹線と地方交通線を連続して乗車する場合の大人片道普通旅客運賃)
第81条の4   九州旅客鉄道会社内の幹線と地方交通線を連続して乗車する場合の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の運賃計算キロにより、第77条の4に規定した額を適用する。

第82条   削除

第83条   削除

(営業キロが10キロメートルまでの片道普通旅客運賃)
第84条   営業キロが10キロメートルまでの片道普通旅客運賃は、別に定める場合を除き、次の各号に定めるとおりとする。ただし、北海道旅客鉄道会社線、四国旅客鉄道会社線又は九州旅客鉄道会社線内発又は着となる場合を除く。
(1) 幹線内相互発着の場合(電車特定区間内相互発着の場合を除く。)
営業キロが3キロメートル以下の場合
大人  
140円
小児  
70円
営業キロが4キロメートルから6キロメートルまでの場合
大人  
190円
小児  
90円
営業キロが7キロメートルから10キロメートルまでの場合
大人  
200円
小児  
100円
(2) 電車特定区間内相互発着の場合
東京附近における電車特定区間内相互発着の場合
(イ) 営業キロが3キロメートル以下の場合
大人  
140円
小児  
70円
(ロ) 営業キロが4キロメートルから6キロメートルまでの場合
大人  
160円
小児  
80円
(ハ) 営業キロが7キロメートルから10キロメートルまでの場合
大人  
170円
小児  
80円
大阪附近における電車特定区間内相互発着の場合
(イ) 営業キロが3キロメートル以下の場合
大人  
120円
小児  
60円
(ロ) 営業キロが4キロメートルから6キロメートルまでの場合
大人  
160円
小児  
80円
(ハ) 営業キロが7キロメートルから10キロメートルまでの場合
大人  
180円
小児  
90円
(3) 地方交通線内相互発着の場合及び幹線と地方交通線を連続して乗車する場合
営業キロが3キロメートル以下の場合
大人  
140円
小児  
70円
営業キロが4キロメートルから6キロメートルまでの場合
大人  
190円
小児  
90円
営業キロが7キロメートルから10キロメートルまでの場合
大人  
210円
小児  
100円
(注) 幹線と地方交通線を連続して乗車する場合の営業キロが10キロメートルまでの片道普通旅客運賃は、発着区間の運賃計算キロを使用しないで、営業キロを適用して得た額とする。

(北海道旅客鉄道会社線内の営業キロが10キロメートルまでの片道普通旅客運賃)
第84条の2   北海道旅客鉄道会社線内相互発着となる場合の営業キロが10キロメートルまでの片道普通旅客運賃は、次の各号に定めるとおりとする。
(1) 幹線内相互発着の場合
営業キロが3キロメートル以下の場合
大人  
170円
小児  
80円
営業キロが4キロメートルから6キロメートルまでの場合
大人  
210円
小児  
100円
営業キロが7キロメートルから10キロメートルまでの場合
大人  
220円
小児  
110円
(2) 地方交通線内相互発着の場合及び幹線と地方交通線を連続して乗車する場合
営業キロが3キロメートル以下の場合
大人  
170円
小児  
80円
営業キロが4キロメートルから6キロメートルまでの場合
大人  
210円
小児  
100円
営業キロが7キロメートルから10キロメートルまでの場合
大人  
230円
小児  
110円
(注) 幹線と地方交通線を連続して乗車する場合の営業キロが10キロメートルまでの片道普通旅客運賃は、発着区間の運賃計算キロを使用しないで、営業キロを適用して得た額とする。

(四国旅客鉄道会社線内の営業キロが10キロメートルまでの片道普通旅客運賃)
第84条の3   四国旅客鉄道会社線内相互発着となる場合の営業キロが10キロメートルまでの片道普通旅客運賃は、次の各号に定めるとおりとする。
(1) 幹線内相互発着の場合
営業キロが3キロメートル以下の場合
大人  
160円
小児  
80円
営業キロが4キロメートルから6キロメートルまでの場合
大人  
210円
小児  
100円
営業キロが7キロメートルから10キロメートルまでの場合
大人  
220円
小児  
110円
(2) 地方交通線内相互発着の場合及び幹線と地方交通線を連続して乗車する場合
地方交通線内相互発着の場合は擬制キロにより、幹線と地方交通線を連続して乗車する場合は運賃計算キロにより、前号に規定した額を適用する。ただし、次に定める擬制キロ又は運賃計算キロ及び営業キロの区間については、次のとおり特定の額とする。
擬制キロ又は運賃計算キロが4キロメートルで営業キロが3キロメートルの場合
大人  
160円
小児  
80円
擬制キロ又は運賃計算キロが11キロメートルで営業キロが10キロメートルの場合
大人  
230円
小児  
110円

(九州旅客鉄道会社線内の営業キロが10キロメートルまでの片道普通旅客運賃)
第84条の4   九州旅客鉄道会社線内相互発着となる場合の営業キロが10キロメートルまでの片道普通旅客運賃は、次の各号に定めるとおりとする。
(1) 幹線内相互発着の場合
営業キロが3キロメートル以下の場合
大人  
160円
小児  
80円
営業キロが4キロメートルから6キロメートルまでの場合
大人  
210円
小児  
100円
営業キロが7キロメートルから10キロメートルまでの場合
大人  
230円
小児  
110円
(2) 地方交通線内相互発着の場合及び幹線と地方交通線を連続して乗車する場合
地方交通線内相互発着の場合は擬制キロにより、幹線と地方交通線を連続して乗車する場合は運賃計算キロにより、前号に規定した額を適用する。ただし、次に定める擬制キロ又は運賃計算キロ及び営業キロの区間については、次のとおり特定の額とする。
擬制キロ又は運賃計算キロが4キロメートルで営業キロが3キロメートルの場合
大人  
180円
小児  
90円
擬制キロが11キロメートルの場合及び運賃計算キロが11キロメートルで営業キロが10キロメートルの場合
大人  
250円
小児  
120円

(他の旅客鉄道会社線を連続して乗車する場合の大人片道普通旅客運賃)
第85条   次の各号に掲げる旅客鉄道会社線内発又は着若しくは通過となる場合で、他の旅客鉄道会社線を連続して乗車するときの大人片道普通旅客運賃は、発着区間の営業キロ又は運賃計算キロに基づき、第77条、第77条の5若しくは第81条の規定により計算した額又は第84条に規定する額に、次により当該旅客鉄道会社線ごとに計算した額(以下「普通旅客運賃の加算額」という。)を合計した額とする。
(1) 北海道旅客鉄道会社線
北海道旅客鉄道会社線内の乗車区間に対して次により計算した額
幹線相互を乗車する場合
第77条の2の規定により計算した額から第77条の規定により計算した額を差し引いた額
地方交通線相互を乗車する場合
第77条の6の規定により計算した額から第77条の5の規定により計算した額を差し引いた額
幹線と地方交通線を連続して乗車する場合
第81条の2の規定により計算した額から第81条の規定により計算した額を差し引いた額
(2) 四国旅客鉄道会社線
四国旅客鉄道会社線内の乗車区間に対して次により計算した額
幹線相互を乗車する場合
第77条の3の規定により計算した額から第77条の規定により計算した額を差し引いた額
幹線と地方交通線を連続して乗車する場合
第81条の3の規定により計算した額から第81条の規定により計算した額を差し引いた額
前イの規定にかかわらず、次に定める駅相互間については、次のとおり特定の額とする。
上の町・宇多津間を乗車する場合の児島・宇多津間  
10円
上の町・丸亀間を乗車する場合の児島・丸亀間  
10円
(3) 九州旅客鉄道会社線
九州旅客鉄道会社線内の乗車区間に対して次により計算した額
幹線相互を乗車する場合
第77条の4の規定により計算した額から第77条の規定により計算した額を差し引いた額
幹線と地方交通線を連続して乗車する場合
第81条の4の規定により計算した額から第81条の規定により計算した額を差し引いた額
営業キロが10キロメートルまでの場合(幹線と地方交通線を連続して乗車する場合は運賃計算キロが10キロメートルまでの場合に限る。)
第84条の4第1号に規定する額から第84条第1号に規定する額を差し引いた額
ただし、幹線と地方交通線を連続して乗車する場合は、第84条の4第2号前段に規定する額から運賃計算キロにより第84条第1号に規定する額を差し引いた額とする。
     
2   前項各号に定める旅客鉄道会社線ごとの普通旅客運賃の加算額を計算する場合で、同一の当該旅客鉄道会社線の区間の中間に他の旅客鉄道会社線の区間又は当社と通過連絡運輸を行う鉄道・軌道・航路若しくは自動車線の区間が介在する場合の普通旅客運賃の加算額は、当該旅客鉄道会社線ごとにその前後の区間を通算した営業キロ又は運賃計算キロにより計算した額とする。

(加算普通旅客運賃の適用区間及び額)
第85条の2   大人加算普通旅客運賃の適用区間及び額は、次の各号に定めるとおりとする。
(1) 南千歳・新千歳空港間 140円
(2) 日根野・りんくうタウン間 150円
(3) 日根野・関西空港間 220円
(4) りんくうタウン・関西空港間 170円
(5) 児島・宇多津間 100円
(6) 田吉・宮崎空港間 120円

(加算普通旅客運賃適用区間にかかわる大人片道普通旅客運賃)
第85条の3   加算普通旅客運賃適用区間を乗車する場合又は当該区間と他の区間を連続して乗車する場合の大人片道普通旅客運賃は、発着区間の営業キロ又は運賃計算キロに基づき、第77条、第77条の2、第77条の3、第81条、第81条の2、第81条の3、第81条の4、第84条、第84条の2、第84条の4及び第85条の規定により計算した額に大人加算普通旅客運賃を加えた額とする。
2   前項の規定にかかわらず、次に定める区間の大人片道普通旅客運賃は、次のとおり特定の額とする。
区間
大人片道普通旅客運賃
児島・坂出間
520円
児島・宇多津間
430円
児島・丸亀間
520円
児島・讃岐塩屋間
520円
児島・多度津間
520円

(特定都区市内にある駅に関連する片道普通旅客運賃の計算方)
第86条   次の各号の図に掲げる東京都区内、横浜市内(川崎駅、尻手駅、八丁畷駅、川崎新町駅及び小田栄駅並びに鶴見線各駅を含む。)、名古屋市内、京都市内、大阪市内(新加美駅を除く。)、神戸市内(道場駅を除く。)、広島市内(海田市駅及び向洋駅を含む。)、北九州市内、福岡市内(姪浜駅、下山門駅、今宿駅、九大学研都市駅及び周船寺駅を除く。)、仙台市内又は札幌市内(以下これらを「特定都区市内」という。)にある駅と、当該各号に掲げる当該特定都区市内の◎印の駅(以下「中心駅」という。)から片道の営業キロが 200キロメートルを超える区間内にある駅との相互間の片道普通旅客運賃は、当該中心駅を起点又は終点とした営業キロ又は運賃計算キロによつて計算する。
ただし、特定都区市内にある駅を発駅とする場合で、普通旅客運賃の計算経路が、その特定都区市内の外を経て、再び同じ特定都区市内を通過するとき、又は特定都区市内にある駅を着駅とする場合で、発駅からの普通旅客運賃の計算経路が、その特定都区市内を通過して、その特定都区市内の外を経るときを除く。
(1) 東京都区内
(2) 横浜市内
(3) 名古屋市内
(4) 京都市内
(5) 大阪市内
(6) 神戸市内
(7) 広島市内
(8) 北九州市内
(9) 福岡市内
(10) 仙台市内
(11) 札幌市内

(東京山手線内にある駅に関連する片道普通旅客運賃の計算方)
第87条   東京山手線内にある駅と、中心駅から片道の営業キロが100キロメートルを超え200キロメートル以下の区間内にある駅との相互間の片道普通旅客運賃は、当該中心駅を起点又は終点とした営業キロ又は運賃計算キロによつて計算する。ただし、東京山手線内にある駅を発駅とする場合で、普通旅客運賃の計算経路が、東京山手線内の外を経て、再び東京山手線内を通過するとき、又は東京山手線内にある駅を着駅とする場合で、発駅からの普通旅客運賃の計算経路が、東京山手線内を通過して、東京山手線内の外を経るときを除く。

(新大阪駅又は大阪駅発又は着となる片道普通旅客運賃の計算方)
第88条   新大阪駅又は大阪駅と姫路駅以遠(英賀保、京口又は播磨高岡方面)の各駅との相互間の片道普通旅客運賃は、姫路駅を経由する場合に限り、大阪駅を起点又は終点とした営業キロ又は運賃計算キロによつて計算する。

(北新地駅発又は着となる片道普通旅客運賃の計算方)
第89条   北新地駅と尼崎以遠(立花又は塚口方面)の各駅との相互間の片道普通旅客運賃は、加島駅を経由する場合に限り、大阪駅を起点又は終点とした営業キロ又は運賃計算キロ(いずれも塚本駅を経由するものとする。)によつて計算する。ただし、第86条の規定により片道普通旅客運賃を計算する場合を除く。

(往復普通旅客運賃又は連続普通旅客運賃)
第90条   往復普通旅客運賃又は連続普通旅客運賃は、次の各号に定めるとおりとする。
(1) 往復普通旅客運賃は、片道普通旅客運賃を2倍した額とする。ただし、第26条第2号ただし書に規定する場合にあつては、往路及び復路の区間ごとに計算した片道普通旅客運賃を合計した額とする。
(2) 連続普通旅客運賃は、各区間ごとに計算した片道普通旅客運賃を合計した額とする。

第91条   削除

(学生割引)
第92条   第28条の規定により学生又は生徒に対して割引普通乗車券を発売する場合は、大人普通旅客運賃の2割を割引する。
2   第32条の規定による往復乗車をする学生又は生徒に対して、学生割引の普通乗車券を発売する場合は、往路及び復路の区間ごとに、それぞれ第94条の規定による割引の普通旅客運賃の2割を割引する。

(被救護者割引)
第93条   第30条の規定により被救護者又はその付添人に対して割引普通乗車券を発売する場合は、普通旅客運賃の5割を割引する。

(往復割引)
第94条   第32条の規定により往復乗車する旅客に対して往復割引普通乗車券を発売する場合は、往路及び復路ごとの区間について、それぞれ普通旅客運賃の1割を割引する。



旅客営業規則トップ
きっぷに関するご案内トップ