乗車券のご案内
有効期間途中下車「おとな」と「こども」割引乗車券(往復・学生・団体)運賃計算の特例
JR北海道バスを乗り継ぐ場合定期乗車券
特急定期券「かよエール」障害者割引制度

 有効期間

営業キロが100kmまでの場合と、大都市近郊区間(東京、大阪、福岡、新潟、仙台)のみをご利用になる場合の乗車券は発売当日のみ有効です。101km以上の乗車券の有効期間は次のとおりです。
 
200kmまで
400kmまで
600kmまで
800kmまで
1000kmまで
2日
3日
4日
5日
6日
※1001km以上は200km増えるごとに1日を加えます。
往復乗車券の有効期間は、片道乗車券の2倍です。
乗車中に有効期間を経過した場合は、途中下車をしない限り券面に表示された最終駅まで使用できます。
 途中下車

「途中下車」とは、旅行の途中(乗車券の有効区間内)でいったん駅の外へ出ることをいいます。
乗車券の有効区間内では後戻りしない限り何回でも途中下車できます。
ただし、次のきっぷでは、途中下車はできません。
 
片道の営業キロが100kmまでの普通乗車券
回数乗車券
大都市近郊区間内(東京、大阪、福岡、新潟、仙台の各近郊区間)のみをご利用の場合の普通乗車券
一部のおトクなきっぷ
特急券、急行券、グリーン券、寝台券、指定席券、乗車整理券
その他、特に途中下車を制限したきっぷ
「札幌市内」などの特定の都区市内発着となる乗車券は、その特定都区市内の駅では途中下車できません。
 「おとな」と「こども」

「おとな」と「こども」の区分は次の表のとおりです。
 
おとな
12歳以上(12歳でも小学生は「こども」です)
こども
6〜12歳未満(6歳でも小学校入学前は「幼児」です)
幼 児
1〜6歳未満
乳 児
1歳未満
「こども」の乗車券、特急券、急行券、指定席券は、「おとな」の半額(10円未満のは数切り捨て)です。また、グリーン券、寝台券、乗車整理券は、「おとな」「こども」とも同額です。
「幼児」、「乳児」の運賃・料金は無料ですが、次の場合は「こども」のきっぷが必要です。
 

「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」の人数が2人を超える場合
(3人目から「こども」のきっぷが必要です)

「幼児」「乳児」が1人で指定席、グリーン席、グランクラス、寝台を利用する場合
「幼児」が単独で旅行する場合
「幼児」が団体で旅行する場合(幼稚園の遠足など)
 割引乗車券(往復・学生・団体)

往復割引
  往復乗車券でJR線をご利用になる場合に、片道の営業キロが601km以上あれば、「ゆき」「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になります。
学生割引
  中学校・高校・大学及び、JRから指定を受けた専修学校・各種学校等の学生・生徒の方がJR線をご利用になる場合で、片道の営業キロが101km以上あれば、運賃が2割引になります(往復割引乗車券についても学生割引が適用になります)。
学生割引の乗車券をお求めの場合は、学校が発行する「学校学生・生徒旅客運賃割引証」を窓口にご提出ください。
団体割引
 
8人以上のお客さまが同じ行程をご一緒に旅行する場合に割引となるもので、普通団体(一般のお客さま)、学生団体(指定学校の学生等)などがあります。学生団体には、学校長の証明する団体旅行申込書が必要です。
団体運賃は1人分の割引運賃(10円未満のは数は切り捨て)に、人数を乗じて計算します。
普通団体・学生団体の1人当たりの割引率は次のとおりです。
 
団体の種類
期 間
割引率
普通団体 1月11日〜2月末日、6月、9月、11月1日〜12月20日
(JR北海道内のみご利用の場合は5月1日〜31日を追加)
15%引き
1月1日〜10日、3月1日〜5月31日、7月1日〜8月31日、
10月、12月21日〜31日
(JR北海道内のみご利用の場合は5月1日〜31日を除く)
10%引き
学生団体 中学生以上
通 年
50%引き
小学生以下
30%引き
教職員、付添人
(小学校低学年などの団体)
30%引き
列車を団体専用としてご利用になる場合は、団体運賃の計算方法が異なります。
31人〜50人の普通団体は、1人分の運賃・料金が、また51人以上では50人増すごとに1人分の運賃・料金が無料になります(学生団体は適用になりません)。
 
31〜50人
51〜100人
101〜150人
151〜200人
無料扱人員
1人分
2人分
3人分
4人分
お申し込み期間は、通常の列車の場合は出発日の9カ月前から14日前まで、団体専用臨時列車などの場合は、出発日の9カ月前から2カ月前までです。
JRの駅、ツインクルプラザ、旅行会社などで受付いたします。
 運賃計算の特例

【札幌市内の駅を発着する場合の特例】
札幌市内の駅(下図参照)と、札幌駅から営業キロが201km以上ある駅との区間の運賃は、「札幌駅から」または「札幌駅まで」の営業キロまたは運賃計算キロで計算します。
札幌市内発着の乗車券は、札幌市内の駅(下図参照)ならどの駅でも乗車し始める(または降りる)ことができます。ただし、札幌市内の駅で途中下車することはできません。
  札幌市内近郊の駅の図

【分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例】
下記の区間の左側の駅から枝分かれする一方の線区から他方の線区まで乗車する場合で、列車が左側の駅を通過するため左側の駅と右側の駅との間を折り返し乗車する場合は、同区間のキロ数は含めないで運賃計算をします(定期券は除きます)。ただし、折り返し区間内では途中下車はできません(途中下車される場合は同区間の折り返し乗車分の運賃が必要になります)
 
東釧路−釧路、新旭川−旭川、白石−札幌、桑園−札幌、沼ノ端−苫小牧
 定期乗車券

通勤定期券は有効期間が1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月の3種類、通学定期券は有効期間が1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月の3種類があります。
※Kitaca定期券を初めてご利用の場合は、定期代金のほかにデポジット500円が必要です。
おねだんは、こちらから検索できます。
定期券は、券面に記載されたお名前のお客様のみご利用になれます。
特急列車を利用して通勤・通学するお客さまに便利な特急定期券「かよエール」もございます。
新幹線を利用して通勤・通学するお客さまに便利な「FREX・FREXパル」もございます。なお、FREXパルに小学・中学・高校生用はありません。
通学定期券を購入する場合の注意点
 
【入学後、通学定期券を初めて購入する場合】
通学定期券を初めて購入する際は、通学されている学校が発行する「通学証明書」または「通学定期券購入兼用証明書」(学生証と兼用のもの)が必要となります(「合格通知書」「入学許可証」「在学証明書」では購入することができません)。なお、券売機では購入することができません。必ず駅窓口へお越しください。
【定期券の有効期限が次年度にまたがる場合】及び【進級後、初めて購入する場合】
定期券の有効期限が次の年度にまたがる際、及び年度が変わって進級した後に初めて購入する際は、ご使用中の定期券のほかに、学生証または生徒証が必要となります。なお、進級後に初めて通学定期券を購入する際は、自動継続定期券対応の券売機では購入することができません。必ず駅窓口へお越しください。
【同じ年度内に「継続」で購入する場合】
同じ年度内に、継続して定期券を購入する場合は、ご使用中の定期券をJR北海道の駅窓口にご提出いただければ、通学証明書等の提出を省略することができます。この場合、自動継続定期券対応の券売機でも通学定期券をご購入いただけます。
部活動、アルバイト、塾通いの目的で通学定期券を購入することはできません。
通学定期券の購入方法については、こちらもご覧ください。
 特急定期券「かよエール」

<POINT>
●速く便利な特急列車で、通勤・通学時間をグンと短縮できます。
●単身赴任・下宿をしなくても、自宅からラクに通勤・通学できます。
特急定期券の設定区間内の、特急・急行列車の自由席をご利用になれます。
通勤は1カ月・3カ月・6カ月が、通学は1カ月・3カ月・6カ月があります(高校生用・中学生用の設定もあります)。
別に指定料金券・グリーン料金券をお買い求めいただければ、指定席・グリーン席も利用できます。
設定区間、おねだん等はこちらのリンクをご覧ください。
 障害者割引制度

身体障害者手帳・療育手帳(いずれも旅客鉄道株式会社旅客運賃減額欄に「第1種」「第2種」の記載のあるもの)を提示すると、以下のとおり割引が適用となります。
種別
割引対象
乗車券類
種別
割引率
距離制限等
注意事項












ご本人さま単独
普通乗車券

5割

片道101km以上
利用の場合

 
ご本人さまと介護者の方
普通乗車券
回数乗車券
普通急行券
定期乗車券
なし
介護者の方はお1人のみ割引が適用になります
小児定期は割引を適用できません
介護者の方が通学定期を購入する資格をお持ちの場合であっても通勤定期となります
ご本人さまと介護者の方は同一種類 ・区間の乗車券類を同時に購入していただきます


ご本人さま単独
普通乗車券
片道101km以上
利用の場合
 
ご本人さまと介護者の方
(ご本人さまが12才未満の場合のみ)
定期乗車券
なし
介護者の方はお1人のみ割引が適用になります
小児定期は割引を適用できません
介護者の方が通学定期を購入する資格をお持ちの場合であっても通勤定期となります
ご本人さまと介護者の方は同一種類 ・区間の乗車券類を同時に購入していただきます
※ご旅行中は、「身体障害者手帳」「療育手帳」を携帯してください。

きっぷの種類・発売日|乗車券のご案内|特急料金等のご案内その他のきっぷきっぷの変更・払いもどし・紛失列車の運行不能または遅延の場合の取り扱い
旅客営業規則トップ
きっぷに関するご案内トップ