列車のご利用

JR北海道バリアフリーガイド

お身体の不自由な方へ

<お手伝いの必要な方へ>

駅・列車をご利用の際には安全にご利用いただくため、係員が列車へのご案内・乗降のお手伝いをいたします。

当社には無人駅や有人駅であっても係員が少ない駅が多くあります。ご利用の駅によっては、事前に係員の手配が必要なことがありますので、ご利用がお決まりになりましたら予めご連絡ください。

係員の手配がつかない場合、希望される列車のお時間や利用駅の変更等をご相談させていただくことがございます。

ご案内にはお時間がかかる場合がございますので、お時間に余裕を持ってお越しくださいますようお願いいたします。

駅構内では放送やポスターにて、他のお客様へお声かけや見守りなど心配りのお願いを実施しております。

<お申し込み方法について>

JR北海道内の駅(無人駅を除く)に、直接またはお電話にてお申し込みください。(各駅の連絡先はこちらです。ガイダンスに従い4番を押し、駅にお問い合わせください。)

お申し込みの際には、以下の内容をお伺いいたします。

利用日・利用区間・利用列車・きっぷの購入の有無・同行者の有無・車いすの有無(※車いすご利用の方は手動・電動等の種類)・復路の利用・連絡先など

駅によって事前連絡の要否等対応が異なるため詳細は「らくらくおでかけネット」をご参照ください。

<補助犬について>

身体障害者補助犬法に定める盲導犬、介助犬、聴導犬については、列車内に無料でお連れすることができます。(ただし、法に定める表示等を行っている場合に限ります。)

○割引制度のご案内

車いすをご利用の方へ

列車をご利用いただくにあたり、列車とホームの間に隙間や段差がございます。ご利用いただく際には、係員にてスロープをご用意し、ご案内いたします。

当社には無人駅や有人駅であっても係員が少ない駅が多くあります。ご利用の駅によっては、事前に係員の手配が必要なことがありますので、ご利用がお決まりになりましたら予めご連絡ください。

係員の手配がつかない場合、希望される列車のお時間や利用駅の変更等をご相談させていただくことがございます。

ご利用にあたっては、お時間に余裕をもって駅にお越しくださいますようお願いいたします。

列車によっては、ドア幅が狭く車いすにてご利用いただけない場合がございます。

駅によっては、エレベーターや階段昇降機等を設備しておらず、ご希望に添えない場合がございます。

駅・列車内でお手洗いのご利用などがおひとりでできないお客様には、介助の方がご同伴いただきますようお願いいたします。

介助の方には、駅・列車内での介助や緊急時におけるご本人様の誘導などをお願いすることがございます。

新幹線や一部の特急列車には、車いすでご利用いただける指定席をご用意しております。ご乗車の1ヶ月前の日の午前10時から2日前までに当社内の駅(無人駅を除く)に、直接またはお電話にてお申し込みいただきますようお願いいたします。詳しくは上記<お申し込み方法について>をご覧ください。

ご乗車の前日または当日においても可能な限り承りますが、満席等の場合は、ご希望の列車にご乗車いただけない場合がありますので、お早めのお申し込みをお願いいたします。

駅によって事前連絡の要否等対応が異なるため詳細は「らくらくおでかけネット」をご参照ください。

<ハンドル形電動車いすをご利用されるお客様へ>

●ご利用前にご確認ください

ご利用いただけるハンドル形電動車いす

寸法(長さ120㎝×高さ120㎝×幅70㎝程度)

直角路走行性能(幅0.9mの直角路を5回まで切返して曲がれることかつ、幅1.0mの直角路を切返しなしで曲がれること)

180°回転性能(1.8m未満の幅で180°の回転ができること)

ハンドル形電動車いす本体に、「星数表示」「○数表示」が3つまたは「改良型ハンドル形電動車椅子用ステッカー」が貼り付けられている場合、上記の要件を満たしています。これらの貼り付けがない場合も要件を満たしていることがありますので、ご確認をお願いいたします。

要件を満たさない車いすでは、原則として構造上ご利用いただけません(設備等の設計は、国土交通省のガイドラインを踏まえ、上記の要件を基本としているため)。

ご利用いただける列車

  • デッキ設備がなく、乗降口の段差が低い車両(731系・733系・735系・201系)
  • 北海道新幹線ご利用の際は、1編成に1室ございます多目的室のご案内となります。
    詳しくは列車ガイドをご覧ください。

在来線特急列車はデッキがあり、移動等のスペースが確保できないためご利用いただけません。

ご利用いただける駅

  • 設備の整備された下記の駅相互間に限りご利用いただけます(乗換が発生する場合は乗換駅も含む)。
No. 利用可能駅 運用開始時期 利用に当たっての留意事項等
1 稲積公園 平成17年3月15日  
2 岩見沢 平成17年3月1日  
3 恵庭 平成17年3月1日  
4 大麻 平成17年3月1日 岩見沢方面へお越しの際は北口を、札幌方面へお越しの際は南口をご利用ください。
なお、改札口内における上下線ホーム間の移動はできません。
5 小樽築港 平成17年3月1日  
6 北広島 平成17年3月1日  
7 札幌 平成17年3月1日  
8 桑園 平成17年3月1日  
9 苫小牧 平成17年3月1日  
10 星置 平成17年3月1日  
11 恵み野 平成17年3月1日  
12 森林公園 平成18年2月2日  
13 函館 平成28年3月26日 「はこだてライナー」のみ利用可
14 新函館北斗 平成28年3月26日 在来線は「はこだてライナー」のみ利用可
15 木古内 平成28年3月26日  
16 奥津軽いまべつ 平成28年3月26日  

その他の駅については、通路幅が狭いなど、移動スペースの確保ができないためご利用いただけません。

ご利用いただく際の注意事項

  • ご乗車の1ヶ月前の日の午前10時から2日前までに当社内の駅(無人駅を除く)に、直接またはお電話にてお申し込みいただきますようお願いいたします。詳しくは上記<お申し込み方法について>をご覧ください。
  • ご乗車の前日または当日においても可能な限り承りますが、満席等の場合は、ご希望の列車にご乗車いただけない場合がありますので、お早めのお申し込みをお願いいたします。
  • ご利用当日はご案内に時間がかかる場合がございますので、十分な余裕をもって駅にお越しください。
  • 駅構内でのご移動はお客様ご自身での操作をお願いいたします。その際、十分に低速で安全な運転をお願いいたします。
  • 混雑時や列車の運行が乱れている場合などには、ご利用になれないことがあります。
  • ハンドル形電動車いすの利用が原因で発生した事故、紛争および器物の破損等については、お客様ご自身の責任においてご対応いただくこととし、弊社は一切責任を負いかねます。なお、弊社に損害が生じた場合は、お客様に損害を請求することがあります。

<車いすの貸し出しについて>

駅改札口から列車乗車まで、または降車から駅改札口まで車いすを貸し出ししている駅がございます。直接駅にお問い合わせください。

駅によって事前連絡の要否等対応が異なるため詳細は「らくらくおでかけネット」をご参照ください。

目の不自由な方へ

お手伝いをご希望の方は、係員へお声がけください。係員が列車へのご案内および乗降のお手伝いをさせていただきます。

当社には無人駅や有人駅であっても係員が少ない駅が多くあります。ご利用の駅によっては、事前に係員の手配が必要なことがありますので、ご利用がお決まりになりましたら予めご連絡ください。

係員の手配がつかない場合、希望される列車のお時間や利用駅の変更等をご相談させていただくことがございます。

ご案内にはお時間がかかる場合がございますので、お時間に余裕を持ってお越しくださいますようお願いいたします。

おひとりでご利用のお客様を見かけた際は、係員からお声かけを行い、お手伝いのご希望の確認をさせていただくことがございます。

駅構内では放送やポスターにて、他のお客様へお声かけや見守りなど心配りのお願いを実施しております。

耳の不自由な方へ

お手伝いをご希望の方は、係員へお声がけください。係員が列車へのご案内および乗降のお手伝いをさせていただきます。

ご案内に時間がかかる場合があります。ご利用にあたっては、十分な余裕をもって駅にお越しくださいますようお願いいたします。

窓口では筆談のご案内を行っております。お気軽にお申し出ください。

その他お手伝いの必要な方へ

お身体が不自由な方、ご病気やおけがをされているお客様など、お手伝いをご希望の方は、係員へお声かけください。係員が列車へのご案内および乗降のお手伝いをさせていただきます。