よくあるお問い合わせ・ご意見

きっぷの日付を変更したいのですが、できますか?

使用開始前で有効期間内のきっぷ(定期券、回数券、一部のおトクなきっぷ等を除きます)は、1回に限って同じ種類のきっぷに手数料なしでご変更できます。この場合、金額に不足があればお支払いいただき、余りがあるときはお返しします。
ご変更が2回目となる場合は、駅や旅行会社の精算所で払い戻しのうえ、あらためてご希望のきっぷをお求めください。
指定券は、ご利用の列車の乗車駅発車時刻前に限って変更できます。発車後は無効となりますのでご注意ください。
指定券の変更は、みどりの窓口などで指定券を発売している時間内にお申し出ください。

詳しくはこちらから(PDF)

一覧へ戻る

 

持っているきっぷで乗り越しをした場合の、精算額の計算方法を教えてください。

きっぷの精算方法には次の(1)(2)の2種類があり、お持ちのきっぷにより計算方法が異なります。

(1) 片道の営業キロが100km以内の乗車券で区間を変更する場合、東京・新潟・大阪・福岡の大都市近郊区間内相互発着となる乗車券で同区間内の駅に着駅を変更する場合は、既にお支払いいただいた運賃と、実際の乗車区間に対する運賃との差額をいただきます。
(2) (1)以外の場合は、乗り越した区間に対する運賃をいただきます。
※ 定期券・回数券での乗り越しは、(2)の計算方法になります。
※ おトクなきっぷについては、計算方法が異なる場合がありますので、詳しくはお近くのJR北海道の駅みどりの窓口、旅行センター、または電話案内センターまでお問い合わせください。

一覧へ戻る

 

予定していた旅行を中止するのですが、使っていないきっぷの払戻はできますか?

使用開始前で有効期間内のきっぷについては、以下の払戻手数料をお支払いいただいたうえで払戻することができます。ただし、一部のおトクなきっぷについては、払戻ができない場合や、払戻に制限のある場合がありますので、JR北海道の駅みどりの窓口、旅行センター、電話案内センターまでお問い合わせください。

きっぷの種類 払戻条件 手数料
乗車券・回数券・定期券
急行券・自由席特急券
特定特急券
自由席グリーン券
使用開始前で有効期間内 220円
指定券 立席特急券 列車の出発時刻まで 220円
指定席特急券
指定席グリーン券
寝台券
座席指定券
列車出発日の2日前まで 330円
列車出発日の前日から出発時刻まで 30%(ただし最低330円)
おトクなきっぷ 商品によって異なりますので、係員におたずねください。
※ 列車の出発日またはその前日にいったん変更した指定券(立席特急券を除く)を払い戻すときは手数料30%をいただきます。
※ 特急券とグリーン券、特急券と寝台券などを1枚で発行した指定券の払戻手数料は、グリーン券、寝台券の分のみいただきます。

詳しくはこちらから(PDF)

一覧へ戻る

 

有効期間が残っている定期券の払戻しはできますか?

有効期間が残っている定期券につきましては、お持ちの定期券の券面金額から、当社規定の計算方法により計算した既にご使用になられた日数相当分の運賃と払戻手数料220円を差し引いて払い戻しいたします。ただし、既に使用された月数・日数によっては、払戻額が無い場合もありますので、あらかじめご了承ください。
払い戻し金額等につきましては、JR北海道の駅みどりの窓口、旅行センター、または電話案内センターまでお問い合わせください。

一覧へ戻る

 

回数券を購入したのですが、全部使い切れずに何枚か余ってしまいました。払戻はできますか?

普通回数券の未使用の券片は、有効期間内に限って、次により計算した額を払い戻しいたします。ただし、使用済み枚数によっては、払戻額が無い場合もあります。

  • 払戻額=発売額−(使用済み枚数×回数券の区間の片道運賃)−手数料220円

詳しい計算方法等につきましては、JR北海道の駅みどりの窓口、旅行センター、または電話案内センターまでお問い合わせください。

回数券タイプのおトクなきっぷ(旭川・名寄4枚回数券等)につきましては、一部を除き、一部券片使用後の残りの券片の払戻はできませんので、ご注意ください。

一覧へ戻る

 

目的地までの道のりで途中下車はできますか?

途中下車は、片道の営業キロが100キロを超える普通乗車券で可能です。但し、「札幌市内」などの特定の都区市内発着となる乗車券は、その特定都区市内の駅では途中下車できません。

詳しくはこちらから(PDF)

一覧へ戻る