平成21年度 改善報告

インターネットご予約サービスにおいて
お受取確認メールを送信するよう変更しました。

お客さまの声

インターネット予約できっぷを予約しましたが
きっぷを受け取らないまま、乗車日を過ぎてしまいました。

 

 今回初めて、JR北海道のサイトで乗車券と特急券の予約をしました。同時にクレジットカード決済も済ませました。ですが、出張のスケジュールが何度も変更になり、サイトで予約・支払いを完了していたことを忘れてしまいました。気づいたときには乗車する日が過ぎていました。
 予約直後の確認メールだけでなく、せめて乗車前日などに一度で構わないので、確認メールを送信させるシステムであればよかったのにと思います。

改善しました!

 弊社HPのインターネットご予約サービスにてきっぷをご予約いただくと、ご予約確認のメールをお送りしています。また、平成22年2月より、ご乗車の2日前までにきっぷをお受取いただいていない場合に、お受取確認のメールをお送りするようにいたしました。
 なお、お受取確認メールの配信を希望されないお客さまは、会員情報の変更よりお受取確認メールの配信を停止することができます。

メール配信イメージ

新札幌駅ホームの乗車口案内を
立体的で見やすいものに取り替えました。

お客さまの声

新札幌駅ホームの乗車口案内を見つけにくい。

 

 新札幌駅から特急列車に乗ることが多いのですが、ホームにある乗車口案内札の番号を放送で教えてくれるのはありがたいのですが、案内札が板状なので正面からでないと見えにくく、目的の乗車口を見つけにくいです。

改善しました!

 新札幌駅ホームに設置している、乗車口案内のための番号札が平面的(板状)のもので、見る方向や光線の具合等により、見にくいことがありました。

 平成21年度お客さまアンケートでも、番号札が見にくいというお声をいただき、平成21年12月より立体的(三角柱状)のものに取り替えました。これにより、斜め方向からも見やすくなったほか、隣の乗車口番号札も見えて乗車口を探しやすくなりました。

新札幌駅ホーム

JRと宿泊がセットになった旅行商品の
ご旅行に必要な乗車票(JR券)の枚数を減らし、わかりやすくしました。

お客さまの声

旅行商品のきっぷの枚数が多くてわかりにくい。

 

 列車とホテルがセットになった旅行商品を購入したのですが、きっぷの枚数が多すぎて、旅行に行くまでになくしてしまわないか心配です。また、列車に乗るときに、どのきっぷを見せたらよいかわかりにくいと思います。

改善しました!

 当社企画の旅行商品のうち、「レール&ホテルパック」や「温線紀行」をはじめとする、列車と宿泊がセットになったパック商品では、1乗車あたり3枚のきっぷが必要でした。

 この3枚のうち、特急券と指定席券をまとめて1枚で発券することにより、ご旅行に必要なきっぷの枚数を削減しました。

イメージ

*ご利用になる列車により必要なきっぷの枚数は異なり、すべての場合について、ご乗車に必要なきっぷが2枚になるとは限りません。

旭山動物園号の座席にテーブルを設置しました。

お客さまの声

旭山動物園号の座席にテーブルを付けてほしい。

 

 先日、旭山動物園号に乗って動物園へ行きました。朝早く家を出たので、列車の中で朝食をとろうとしたのですが、飲み物などを置く場所が窓際にしかなくて不便でした。スーパーカムイのように、前の座席の背もたれにテーブルを付けてもらえませんか?

改善しました!

 平成19年の運転開始から、のべ12万人以上のお客さまにご利用いただいている特急「旭山動物園号」は、朝8時台に札幌駅を出発する旭山動物園の観光にピッタリの列車です。

 これまで「旭山動物園号」の座席には、他の特急列車のような背もたれのテーブルを設置しておりませんでしたが、朝早くにご自宅を出発されるお客さまも多く、朝食をとるにはテーブルがないと不便だという多くのお声をいただきました。

 そこで、平成22年3月のリニューアルにより、座席の背もたれにテーブルを設置しました。他にもシートカバーをリニューアルするなど、さらに楽しい旭山動物園号に生まれ変わりました。

座席の背もたれにテーブルを設置