一呼吸おいたドア扱いを心がけています。

KANA ARAI荒井 可奈

札幌車掌所 [2009年入社]

車掌業務を担当
北海道増毛町出身

先輩の声

JR北海道に入社した決め手を教えてください。

幼い頃から鉄道は私の生活の一部でした。当時、私が利用する路線はお客様が少なく「どうしたらたくさんのお客様が乗るのだろう」と思っていました。そんな中、旅行の際に出会った車掌の「かっこいい!」姿にあこがれを持ち、自分が車掌になって多くのお客様に鉄道をご利用いただきたいと思ったのが入社のきっかけです。通勤や旅行で自分の足となってくれた鉄道に貢献したいという気持ちもあったかもしれません。

現在担当している仕事を教えてください。また、どんな時にやりがいを感じますか。

車掌は、お客様を安全に快適に目的地まで送り届けるのが仕事です。具体的には、ドアの開閉、車内放送、車内秩序の維持、車内改札、きっぷの確認や販売などたくさんありますが、特にドアの開け閉めの際は、お客様にケガをさせないよう一呼吸おいたドア扱いを心がけています。お客様から「放送よかったよ」「ありがとう」と言われた時にはうれしくて励みになります。

これまでの経験の中で一番印象に残っているエピソードを教えてください。

見習いを終え、ひとりで乗務し始めてすぐにちょっとした異常時がありました。その際、自分自身が慌ててしまい落ち着いて車内放送することができませんでした。「もっと上手にできるはずだったのに!」と悔しくて眠れませんでした。今でもその悔しさは忘れられません。今はその経験を活かして、日々イメージトレーニングを行い、異常時に対応できるように努力しています。

プライベートの楽しみ方(休日の過ごし方など)を教えてください。

休日は、おいしい物を探して食べに行ったりしています。旅行が趣味なので温泉にもよく行きます。また、入社同期と定期的に集まり、飲みに行くことが楽しみです。

最後に、学生の皆さんに一言メッセージをお願いします。

私たちJR北海道はお客様から常に愛される鉄道を目指し日夜努力しているところです。そのためには列車の安全運行が不可欠であり、社員一人ひとりが職種を超えたチームワークで協力しています。責任もあり、やりがいのある仕事だと思います。みなさんの力をお待ちしています。

ある1日のスケジュール

9:20
出社 乗務準備
10:29
点呼 当番助役と乗務列車、変更事項の確認
11:24
室蘭行「特急すずらん4号」札幌行「特急すずらん7号」乗務
15:34
札幌着、札幌車掌所で昼食
17:45
学園都市線の列車に乗務
21:54
札幌着 当番助役と点呼、翌朝の出勤時刻を確認
23:30
札幌車掌所の休養室で就寝
4:50
起床 朝食、点呼
6:21
学園都市線の列車に乗務
9:20
札幌到着後、札幌車掌所に戻る
9:51
きっぷの売上等を整理、帰着点呼、次勤務の確認
9:56
退社

職歴

2009年入社 岩見沢駅改札・出札業務を担当
2011年 札幌車掌所車掌業務を担当

※2019年1月現在