JR北海道の仕事

運輸の仕事とは?

 運輸は、列車運行の安全確保を前提に、利便性・快適性を追求した輸送サービスを提供する仕事です。
 お客様のニーズに合わせたダイヤ改正や車両の開発などをはじめ、列車を安全かつ快適にご利用いただけるよう、車両のメンテナンス、運転士や車掌の教育なども行います。また、日々の列車運行に伴い発生する様々な事象に対応し、安全な鉄道輸送を実現しています。災害や事故が発生した時には、一致団結して復旧に取り組みます。

車両メンテナンスの仕事
車両メンテナンスの仕事は、車両故障を防ぐために検査・修繕を行うことです。走行距離や時間によって検査項目が異なり、消耗品の取り換えや、エンジンなどの重要部品の検査の他、様々な検査があります。これらの検査を完璧に行うためには、専門的な知識と経験、高い技術力が求められます。お客様に安心してご利用いただくために、常に安全で故障のない車両を提供することが求められます。
車掌の仕事
車掌の仕事は、お客様を安全に安心して目的地までお届けすることです。
列車から乗り降りするお客様の状況や発車時刻を確認しながらドアの開閉を行い、列車が駅に到着・発車する際には、お客様と列車が接触しないか安全確認をし、危険を察知した時には非常ブレーキをかけて列車を停止させることもあります。車内では、「車内放送」「車内の温度調整」など快適な車内空間を作る仕事も行いながら乗車券類の販売も行います。
運転士の仕事
運転士の仕事は、列車を安全かつ時間通りに運転することです。
常に安全を最優先に考え、走行中車両トラブルや天候災害など不測の事態が発生した際には、冷静に状況を判断し適切な対応が求められます。列車を時間通りに運転するためには、速さ・時間・距離や車両性能を把握して操縦しますが、天候や線路の状態、乗車人数によって加速やブレーキの利き具合が変化するため、状況にあわせた運転技術が求められます。そのため、常に感受性を高め、知識と技能の習得及びトラブルに対応する能力を身につけるようにしています。
運行管理の仕事
運行管理の仕事は、列車の運行状況を把握しながら安全を最優先に考え、安定した運行管理を行う使命があります。
列車の遅れや人身事故、天候災害などのトラブルが発生した際には、その場の状況に応じて迅速かつ的確に指示を出し、一刻も早くダイヤを正常に戻すことが求められます。列車の運行を管理する輸送指令のほか、車両のトラブルなどに対応する運用指令、お客様のご案内などに対応する旅客指令、線路・設備に対応する施設指令、信号・通信設備に対応する信通指令、変電所や架線の電力供給を監視する電力指令があり、各系統のスペシャリストが協力し、安全かつ安定した運行管理を担っています。
運輸部・車両部の仕事
運輸部・車両部は、列車の安全安定輸送を担う部署として、輸送計画や車両管理を行っています。輸送計画では、お客様のニーズに合わせたダイヤを策定し、それに合わせた車両の運用計画や乗務員行路の策定を行っています。併せて、運転士・車掌の指導も行います。車両管理では、車両の耐久年数に応じた車両更新時期の策定やメーカーと連携した車両開発など車両の計画や管理も担っています。

TOPICS

運輸の技術を紹介します!

 平成24年6月の学園都市線(桑園~北海道医療大学)電化開業に合わせて、733系電車を投入して以降、札幌圏における通勤通学時間帯の混雑緩和と快速エアポートの快適性向上のため、733系電車の通勤型車両を増備しました。733系電車は、乗車口のステップレス化や車いす対応の大型トイレなどバリアフリーに対応し、客室照明をすべてLED照明として消費電力の低減を図っています。733系は北海道新幹線開業に合わせて電化した函館~新函館北斗間を結ぶ「はこだてライナー」としても運転しています。
 今後は、老朽化した特急気動車の取替用として261系気動車を順次導入すると共に、ローカル線に使用している車両の老朽化取替用として、エンジンの動力で発電した電力によりモーターで走行する「電気式気動車」の導入について検討しています。

戻る