JR北海道の仕事

鉄道営業の仕事とは?

 鉄道営業は、鉄道を利用していただくことにより、収益を拡大し、輸送サービスの向上を図る部門です。
 北海道は、四季折々の豊かな自然、新鮮な食材や各地にある温泉など、魅力的な観光素材に溢れています。これらの観光素材を活かし、海外からのお客様を含めた観光客誘致をすすめるため、地元の皆様と一緒に観光開発や旅行商品の企画を行っています。また、鉄道を日々ご利用されるお客様に対し、より快適で充実した輸送サービスを実現するため、様々な施策においてサービスの向上を図っています。

駅の仕事
駅の仕事には、改札口におけるお客様へのご案内や切符の回収・払い戻し・精算業務のほか、みどりの窓口での乗車券類の販売業務等があります。ビジネスや旅行で鉄道を利用されるお客様にプランを提案し、商品を販売することでサービスを提供します。鉄道知識はもちろん、観光知識が必要となる場合もあります。また駅の仕事には「輸送」と呼ばれる、駅エリア内における列車の分割・併結業務や、列車信号・ポイント(分岐器)の取扱業務などもあります。駅員は、お客様が鉄道をご利用される際に一番最初に応対するので、「JR北海道の顔」とも言えます。
営業部の仕事
鉄道の利用促進や収益の拡大を目指す営業系統の中には、自治体と連携した観光開発、海外からのお客様を誘致するインバウンド関係、また指定券管理やきっぷ・旅行商品の企画立案、商品の宣伝告知やキャンペーン企画など、様々な仕事があります。そのほか、お客様アンケート等をもとにお客様サービスの向上を目指すCS推進部や、JR北海道のICカードである「Kitaca」の取扱い、駅設備や販売システムを管理する部門、駅社員に対する教育体制を計画する部門など、セクションは多岐にわたります。
戻る