JR北海道の働き方

JR北海道の働き方

3つの採用区分

鉄道の現業機関(駅、車掌、運転士、車両、線路、電気)をはじめ、本社・支社等の計画部門での業務など、数年ごとにジョブローテーションを積み重ねてキャリアアップします。将来的には様々な経営課題の解決に力を発揮することが期待されています。

総合職詳細

鉄道の現業機関(駅、車掌、運転士、車両、線路、電気)でプロフェッショナルとして鉄道事業を支えます。専門知識や経験を活かし計画・管理などのマネジメント業務にも活躍の場を広げ、鉄道の中核を担う存在になることが期待されています。

運転士として活躍することを前提としています。入社後、鉄道の現業機関で経験を積み、国家資格を取得します。強い責任感と高いプロ意識で北海道の鉄道の安全運行を担うことが期待されています。

鉄道フィールド職/ドライバーコース詳細

福利厚生・教育制度

福利厚生

豊かでゆとりあるくらしをバックアップしています。

■独身寮・社宅
より豊かでゆとりのある生活の実現に向け、全道各地に独身寮・社宅があります。独身寮・社宅ともにJR線付近にあり、通勤にはたいへん便利です。社宅は家族のいる社員、寮は単身や独身の社員が利用できます。アパートなどを借りる場合は、賃貸住宅補給金が給付されます。住宅を新築したり、マンションを購入する場合は、各種貸付制度や所有住宅補給金を利用することもできます。
■医療施設
当社のJR札幌病院を中心に、保険医療機関の指定を受けている総合病院と契約し人間ドックを推奨するなど、社員の健康づくりを積極的に行っています。定期健康診断のほか、メンタルヘルス、保健指導、職場での健康相談など、心身の充実を図るため、産業医と保健師等がチームで取り組んでいます。心と体の健康を守ることによって、快適でいきいきした職場づくりをめざしています。
■ジェイアールグループ健康保険組合
社員には健康保険被保険者証が交付され、社員や家族の病気・けがにかかった診療費を補填します。そのほか、社員の健康保持・増進のための人間ドック受診費の補助を行っています。

教育制度

職務・階層に応じた社員教育を実施しています。

■各種研修
入社後、社員研修センターにて新入社員研修を実施し、一定期間後にはフォローアップ研修を行います。また、経営理念・指針などを理解し、各職務の果たすべき役割を認識・実践する社員の育成を目的とする階層別研修のほか、お客様に対するサービスのレベルアップを目的とする顧客満足度向上のための研修および運転士の養成などを目的とする職能別研修を実施しています。
■自己啓発
JR北海道の各種業務における知識や技術、取扱いなどに関する社内通信教育と、時代の変化に対応できる幅広い視野と能力の習得を目的に、社外の通信教育講座にも受講料補助を行い、積極的に受講を支援しています。その他、国家資格を取得した社員に対し、一定のお祝金を支給する「国家資格取得お祝金制度」や大学入学を希望する社員に対し、授業料などを支援する「四年制大学入学支援制度」などもあり、社員の自己啓発を全面的にバックアップしています。
戻る