弊社は、平成23年5月に発生させた石勝線列車脱線火災事故の反省に立ち、安全性の向上に取り組んでまいりました。しかしその後も、特急車両のエンジントラブル、軌道検査データの改ざん、社員の不祥事などを発生させたことにより、平成26年1月に国土交通大臣より「輸送の安全に関する事業改善命令及び事業の適切かつ健全な運営に関する監督命令」を受けることとなりました。
弊社をご利用のお客様、地域の皆様、関係機関の皆様に大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。
一日も早く信頼を回復できるよう、平成26年度に策定し取り組みを開始した「事業改善命令・監督命令による措置を講ずるための計画」を推進するとともに、「安全投資と修繕に関する5年間の計画」を着実に実施します。
また、平成27年6月26日に受領したJR北海道再生推進会議による「JR北海道再生のための提言書」を真摯に受け止め、弊社の使命を今一度強く自覚し、「経営幹部の意識改革」「企業風土改革と安全対策」「事業の選択と集中」など、安全最優先の鉄道会社再生に全力をあげて取り組んでまいります。
さらに、平成27年度末の北海道新幹線開業を万全の態勢で成し遂げ、地域の発展に貢献してまいります。

おすすめコンテンツ

  • 「北海道新幹線ラッピングバス・市電 フォトラリー」7月1日スタート!
  • GOTTON
  • 北海道新幹線新青森~新函館北斗間開業
安全性向上のための取り組みについてはこちらから